2014年05月28日

今年のトマト畝は高いぞ

もともとたいていはどの野菜でも高畝にしています。理由は水はけをよくするためですが、高畝にしていないのは湿潤を好むサトイモやショウガくらいです。特にトマトは乾燥を好むので高畝は欠かせません。

R0013255.JPG

今年はこのように、いつもよりも高くしてみました。30cmはあると思います。そしてこの日、加熱調理用のトマトばかりを80株、この畝に植え付けました。植え付けといってもニラとのコンパニオン、ポット苗の土の洗い流し、支柱立て、誘引の紐結いと結構手間がかかります。事前にマルチに穴を開けていたのですが、それでも3時間半くらいかかりました。

トマトはこればかりではもちろんありません。生食用の中玉やミニ、それにドライトマト用のミニも育てており、それらはもう植え付けました。小さい畑ですから畝の数が11しかない中で、4つがトマトです。しかもそのうち1つは本来畑ではないところです。

加熱調理用のトマトは丈夫なので、雨よけはしません。肥料もやりません。水もやりません。という今年の予定です。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 畑づくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。