2014年05月11日

今年のエダマメはトレーから

いろいろな野菜を作る中、苗づくりをするべきか直まきにするべきか考えることしばしばです。中にはトマトやナスなど苗づくりしかあり得ないというものもあり、カブやダイコンなど直まきしかあり得ないというものもあります。

逆にその両方ともあり得るという野菜もあるわけで、その一つがエダマメです。これまではこの時期になったら畑に直まきしていましたが、少し前に読んだ専門書にあった記事でいろいろな栽培法を試して比較したところ、セルトレーで苗づくりをしてそれを定植するのが一番良い結果だったということだったので、今年はこの方法にしてみました。

R0013220.JPG

書には16穴トレーとありましたがたまたま売っていなかったので25穴トレーにて2粒まき、2週間ほどした姿がこれです。双葉の上に見える本葉のようなものは初生葉と呼ばれる特有のもので、これが開ききった頃が定植の適期ということです。

R0013222.JPG

この日は地域によっては7月並みの暑さということでしたが、スケジュール的にこの日しかないので一斉に植え付けました。まだ初生葉が開ききっていない株は残し、別の畝に改めて植え付けです。

しかし今回これを試してみて驚いたのは、その発芽率の良さです。直まきだと発芽しない種があるので一穴につき3粒まいて結局2本仕立てにしたりするのですが、この方法だと発芽率はほぼ100%、ロスなく定植ができます。夜間は室内に入れているので、やはり温度でしょうかね。

これに味をしめ、この後もこの25穴トレーでいろいろな苗づくりをする目論見です。これまで苗ポットで育苗をすることが多かったのですが、葉が大きくなるウリ科など以外は今後この方法になるかもしれません。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 苗づくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。