2013年11月16日

今年はトンネルでタマネギ

R0012283.jpg

ここ2年厳しい冬が続いたので、冬越しをするタマネギにとっては過酷な条件でした。今年もまた厳冬の予報が出ており、以前一度実践したビニールトンネルをさすがに復活させました。同じ畝にはニンニク、ラッキョウと同じ科の野菜が並んでいます。

R0012284.jpg

タマネギは一般に苗を育てて植え替えますが、いろいろとやってみた結果今年はこれも以前やったことのある直まきにしてみました。マルチの穴に4,5粒まき、春までそのままです。冬を越して再び生長し始めてから、間引きを兼ねて葉タマネギとしていただくのです。以前はとてもうまくいきました。

とは言っても発芽や苗の生長が悪かったり、ネキリムシにごっそりやられたりで、欠株の穴がいくつもできてしまいました。その際は順調に育っている穴の苗を掘り起こし、一般的な方法のように苗をバラして移植するのです。氷点下にもなるこの時期はもうさすがにやりませんけれどね。

秋野菜の収穫が進み、畑の様子がずいぶんと寂しくなってきました。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 農業資材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。