2013年07月09日

ズッキーニがモザイク病に

例えばキュウリのべと病やうどんこ病のように、発症はしてもうまく付き合ってちゃんと収穫できる病気もありますが、どうもモザイク病はダメなようです。特にどういう訳かズッキーニはかかりやすく、毎年1株はやられてしまいます。

ところが今年は異変、この3日前に2株を撤去したのに続き、この日ももう2株撤去です。いじましくもう少ししたら元気になるのではないかと期待したのが、結局全部ダメでした。ウイルス病は移るらしいので、最初の2株をもっと早めに撤去しなければならなかったようです。

モザイク病の原因はアブラムシが媒介するウイルスということで、どの野菜にも付くアブラムシ(種類は違いますが)対策はいつも悩ましいところです。先日はトマト株もやられてしまったし、今度はよくハウスなどで見かける黄色のトラップを試してみようかと考えています。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 病気と害虫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。