2013年06月14日

勇気の要るサツマイモの苗

R0011588.jpg

サツマイモは既に植え付けたのですが、この度違う品種の苗を入手しました。それも一般に売っているような茎の状態ではなく、ほかの野菜と同じようなポット苗です。同じようにこれをこのまま植えるのかと思ったら、これが大違い。

R0011589.jpg

何と根元からスッパリ切ってしまいます。これが通常売られている状態ですね。しかしこれは勇気が要ります。しかもこれをすぐに植え付けるのではなく、数日間放っておきます。

R0011601.jpg

3日経った状態がこれ、当然しなびています。しかしこのようにしないとちゃんと育たないのです。以前新鮮でハリのあるサツマイモ苗を見つけ、喜んで買って植え付けたら枯れてしまいました。どうもそういうもののようです。

R0011602.jpg

これは以前に植え付けた品種ですが、しなびた苗を植え付けるとこうして元気に起きてきます。

R0011603.jpg

しかし中にはどうしてもこうして枯れてしまうものも・・・と思いきや、

R0011604.jpg

よく見ると新しい葉が出てきています。どうやら生きていたようです。

R0011605.jpg

もう一つの苗もこの通り、サツマイモの生命力には驚きです。

以前植えたのは紅はるか、安納芋、パープルスイートロードの3種、この日植えたこれらの苗はひめあやかと紅赤という品種です。昨年に引き続き、今年もサツマイモは大量栽培となりました。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(2) | 苗づくり
この記事へのコメント
自家栽培に興味があるので、勉強になります。

ブログのデザインも良いですね。
Posted by なお at 2013年07月09日 07:33
なおさん、コメントありがとうございます。まだまだいろいろと試行錯誤の連続ですが、少しでもご参考になれば幸いです。
Posted by bourbon_ueda at 2013年07月09日 07:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。