2012年06月15日

この時期の納豆菌づくり

P6150011.jpg

初めて作ってから何回目でしょうか、切らすことなく納豆菌を培養しています。今までは蓄熱暖房機のそばに置いていたのですが、もう暖房も使わないので35度という温度をどう保つかと考えたのがこれです。

P6150012.jpg

苗づくりをする温室で、閉めきれば日中このように40度近くまで上がります。夜は発泡スチロールの箱の中に電気あんかを入れ、レスキューシートで上を覆うと温度を保てます。最初作ったときは慌てましたが、もう慣れたものです。

肝心のその効果ですが、今のところ強烈な因果関係を確認するまでには至りません。が、ソラマメに散布したところアブラムシが付かなかったのは関係あるかもしれません(まくのをやめたら付きました)。あとはネギの赤さび病やキュウリのうどんこ病にどれくらい効果があるのか継続中です(ニンニクの春腐病には効きませんでした)。

“菌を培養している”などと言うと怪しく聞こえますが、これは良い菌ですのでご心配なく。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 病気と害虫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。