2012年05月17日

新たなネキリムシ対策

ネキリムシとは通称で、実際には根を切るのではなく茎をかじって丸ごと枯らしてしまう蛾の幼虫です。ナス科以外は何でもかじるようで、この日も3粒まいたエダマメをすべてやられました。今までは根元をガードするためにトイレットペーパーの芯をかぶせていたのですが、それでも乗り越えてくるヤツがいます。そこで今回は新たな対策です。

P5170017.jpg

卵の殻です。でくんたまを毎週作っているので、いくらでも出ます。ゆで卵をむいた殻を適度に砕き、天日で干します。これをどう使うのかというと、

P5170018.jpg

このように苗の周りにまきます。幼虫は表面が柔らかいので、チクチクして嫌がるだろうという寸法です。ネットで見つけた対策ですが、細かく砕きすぎると効果がないそうです。適度に気持ちよく、マッサージのようになってしまうからでしょうかね。

さてどうなることでしょうか。乞うご期待。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 病気と害虫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。