2012年04月20日

温度か光か

毎年のトマトの苗づくり、いつも迷うことがありますがもう決めました。それは育苗に適した温度をとるか、それとも太陽光をとるかということです。晴れの日はその両方が叶いますが、問題は曇りや雨の日です。温度をとるならば室内に入れなければなりませんが、そうすると光を求めて徒長してしまいます。

P4200018.jpg

ということで、温度は低くてもこうして外の温室に出すことにしています。こういう日は温室の中でもほとんど外気温と変わらなくなりますが、少しでも薄日が差したりすると違ってきます。苗屋さんのアドバイスもあり、ゆっくりでも確実にがっしりとした苗を作っていきたいと考えています。

以前別の苗屋さんの店頭で、もともと育った環境がそこよりも暖かい地域だったので、仕入れた苗はしばらく寒さに当ててこの環境に慣れさせるということを聞いたことがあります。うちの苗はもともと育った環境が厳しいので、定植後の生長に期待です。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 苗づくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。