2012年03月26日

今年は心強いナス科の苗

昨年は緊急入院でヒヤリとしたナス科の苗づくり、今年は一昨年のように近くの苗屋さんでプラグトレーを保管してもらうことにしました。やはり発芽の工程は難しい。

P3260002.jpg

種まきから20日ほど経ったこの日、トマトはいち早く発芽してこの通り、もう本葉が出ているものがあります。

P3260004.jpg

パプリカは発芽が遅いらしく、プラグトレーを切り分けて保管、もうこの日には揃って発芽していました。

やはりこのデリケートな工程はプロに任せた方がよさそうです。一応昨年はホットカーペットで同じような環境を作ったつもりでいましたが、何かが違うようです。今回は土の質も指摘され、来年は一昨年と同じようにおんぶにだっこまでとはいかないまでも、一定のよろしくお願いしますは必要かなと思いました。

いずれにしても今年は安心なナス科の育苗です。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 苗づくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。