2011年04月30日

燻炭をマルチ代わりに

P4300201.jpg

燻炭は通常土の中に混ぜ、土壌改良材として使うことが多いようです。それをマルチ代わりに畝の上に敷き詰めました。何しろこのグリーンピースやニンジン、ゴボウは乾燥に弱く、マルチをしていないため、毎日水やりをしなければならなかったのです。風で飛んでしまう嫌いもありますが、それこそ土壌改良材として畑の中に入ればいいわけです。

P4300205.jpg

この日定植したパセリの畝(正確には植えるところがなくてブルーベリーやオリーブの間)にもまきました。こうして見ると精悍なイメージとなり、外観上もこれは使えるなと思いました。土の色よりも緑が映えます。

しかし今度はニンジンもゴボウもタマネギ用の穴あきマルチで栽培しようかと思いました。それにしてもなぜグリーンピースにマルチをしなかったのだろうと、今になって不思議です。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 農業資材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。