2011年04月05日

どこから来るアブラムシ

P4050197.jpg

冬の野菜不足にと、ルッコラを室内で育てています(ほかにもクレソン、マーシュ、チコリミックスを)。天気が良くて気温が上がっても、特に虫が付きやすいアブラナ科のものは外に出さずにしています。ところが最近ルッコラにアブラムシが付くようになってしまいました。一体どこから飛んでくるのでしょう。

アブラムシというと緑色のものを想像すると思いますが、その種類は多様です。今回のものは薄茶色、ほかにもネギに付く黒のものやブロッコリーなどに付く灰色のもものなどがあります。これから畑に出るようになるとまたアブラムシとの戦いです。その被害が特にひどい空豆などはもう作るのをやめたくらいです。

今野菜の放射能汚染が話題になっていますが、目に見えない恐怖より目に見える虫の方がまだましということでしょうか。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 病気と害虫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。