2011年03月29日

悪いパプリカの発芽率

P3300197.jpg

別にパプリカが悪いのではありません。発芽率が悪いのです。写真左半分はトマトの苗で、4種類の平均発芽率は8割ほどです。中には100%という品種もあります。ところが右半分のパプリカ3種とバナナピーマンは平均で5割ほどになっています。発芽自体も遅いのですが、種まきからもう10日も経っているのでいい加減諦めなければなりません。この日残りの種を追加でまきました。

P3300198.jpg

裸電球は相変わらず大活躍です。昼間は外の温室に入れ、夜はこうして室内で、発芽と生育に適した温度をキープできます。家庭菜園ならではの規模とやり方です。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 苗づくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。