2011年03月09日

キャベツの定植ジレンマ

妻に「いい加減謎の野菜星人更新したら」と言われてしまいました。この時期、ネタがないのです。畑関係もほとんどやることがないので、用具入れがよく整頓されています。

P3090199.jpg

そのような中、キャベツの育苗を細々と続けています。年明けに種をまいてもう2ヶ月になるので、いい加減定植の時期なのですが、今年は天候が難しくてなかなか踏み切れません。予報だと今週は真冬並みの寒さで、来週は暖かくなっていよいよ春かと思いきや、今月下旬はまた冷え込むそうなのです。

実は先日定植したレタスとエンダイブが、その後の低温と大雪でほぼ壊滅状態になってしまっています。近くの大規模農園の畑を見てもマルチは敷いてあるものの、いつもの小さなレタス苗はまだ植わっていません。早まったかと思いながらも、もう今からの育苗は間に合いません。

さて、レタスより寒さに弱いと思われるキャベツ、手間暇かけて育てた苗をいつ極寒の地に放り出すやら、決断の時です。少なくとも夜間にホットキャップはかぶせようと考えています。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 苗づくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。