2010年06月28日

奏功するか、排水のための運河

自宅前の畑はもともと田んぼだったため、周りの地面より低い位置に広がっているのです。おまけに高畝にしてマルチを敷いているため、本来はその部分に吸収されるべき雨水が皆その両側に落ちて溜まるのです。大雨の後は運河状態になっているのを見かねて、地主さんが一つ提案をしてくれました。

P6290001.jpg

それはこれ、もともと田んぼの排水パイプが埋まっていたところをそのパイプを抜き、排水路を作ろうというものです。以前からそのようなことができればいいなと思ってはいましたが、それが即決実現しました。大げさですが、イメージとしてはまるでスエズ運河のようです。

P6290002.jpg

これは排水口から見た写真です。最後に蛇行しているのは掘りきれない大きな石があったためで、地主さんは「まるでアマゾン川のようだね」と言っていました。

普段は水が溜まるような大雨は降ってほしくないと思っているのですが、この時ばかりは計画通り排水されるかいっそのことにわか雨が降ってくれないものかと思っていました。結果の方は乞うご期待。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 畑づくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。