2010年05月10日

ネキリムシにやられた

P5090001.jpg

一瞬信じられないような光景でした。植え付け直後の細い苗がネキリムシにやられることはこれまでもよくあったのですが、定植から1ヶ月も経った苗が立て続けに被害にあうとは。しかも朝一番にアオムシのチェックをしたときには元気だったのが、昼過ぎに見ると風に飛ばされた上部が一つ畝を超えたところの転がっていたのです。

P5090005.jpg

すでに中心は葉が巻き始めているほどの大きさになっていたのです。しかもコンパニオンプランツとしてキャベツの間にキク科(エンダイブ)の野菜を植えていたのに、その両側のキャベツだけが被害にあっていたのです。同一犯だとするとエンダイブを飛び越えて白昼堂々の連続犯行に及んだことになります。

P5090006.jpg

ネキリムシはヨトウムシの一種で夜に活動すると思っていたら大違い、急きょ残りのキャベツに対策です。昨年よくやっていたように、トイレットペーパーの芯を切って根元をガードします。太い茎を噛み切るくらいですからよほどの大物と推察されるので、これで十分かどうか不安でもあります。以前はこれを乗り越えられて被害にあったこともありましたからね。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 病気と害虫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。