2008年07月15日

てんとう虫バスターズ

3日間東京に出張している間、こちらはかなり良い天気だったようです。気温の上昇とともに野菜も生長し、キュウリなどは出かける前の3倍程度、ジャンボキュウリになっていました。帰ってきた夜遅く、懐中電灯で照らしながら慌てて収穫しました。

同時に、虫の成長も促されたようです。明けてこの日畑をパトロールすると、ジャガイモの葉に主にニジュウヤホシテントウの幼虫が大量発生していました。急きょ大退治が始まりました。

1日に何度も見回りをして、結局300匹くらいは捕殺しました。100くらいまでは数えていたのですが、あとは面倒になって。収穫間近になり、葉が弱っていたこともあるのかもしれません。これでは農家は農薬を使いたくなるわけです。

こうもたくさん退治していると結構目が慣れてくるもので、葉と葉の隙間から遠くにいるのを見つけたり、全体像が見えなくても体毛が一部見えただけでわかったり、葉の裏にいるのを日光を透かして発見したりなど、そのうち気配だけでもわかるようになるのではないかと思ったくらいです。

バスターズといえばレイ・パーカー・ジュニアのゴーストバスターズ、ヒューイ・ルイス・アンド・ザ・ニュースの I want a new drug に似ているとして訴えられましたね。日米間でも、レベッカの Love is cash がマドンナの Material girl に似ていると話題になりました。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 病気と害虫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。