2008年04月25日

なんちゃってビニールハウス

naedoko.jpg

種を蒔くと鳥に食べられるという話は聞いていました。野菜の育て方の本にも盛んに書いてあります。そこでお隣さんに倣って、苗床を作って苗を育ててみることにしました。

これは冬の間、薪ストーブの焚き付けの木を大量に保管しておいたラックです。ちょうどこれが空いたので、この空間を利用して苗のトレーを置き、周りにいずれトマト栽培のときに使う雨よけのシートを早々に買ってきて巻き付けました。

今回はまずトウモロコシと枝豆、そして遅いですがレタスの種を蒔き、肥料と水をやって寒冷紗で巻きました。こうしてできたなんちゃってビニールハウス、直射日光が当たるので結構中は暖かいですよ。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 農業資材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。