2020年08月18日

まるでイタリアのトマト畑

私たちの田舎暮らしの原点は玉村豊男さんにあります。まだ軽井沢にいらした頃、結婚したばかりの私たちは東京にいて、ああいう暮らしがいいねとよく話していました。その後玉村さんが今の東御市にヴィラデストを開いてからは、よく通ったものでした。

その玉村さんの著書の一つに、「死ぬならゴッドファーザーのトマト畑」という記述があります。ヴィトー・コルレオーネがトマト畑で孫と遊んでいる最中、確か心臓の痛みか何かで倒れます。玉村さんはそれに憧れていて、「年々トマト畑が自宅の近くになる」と書いています。

IMG_20200814_105238-001.jpg

今年のわが家のトマト畑、自宅からは遠いですがまるでイタリアの家庭菜園のようになっています。まずはその数、昨年の記録的な不作を踏まえて今年は大増産、全部で300株くらいあります。そしてテレビでよく観たイタリアの光景、一応支柱を立てていますが誘引が間に合わず、ほとんど株が倒れています。元来放任栽培だそうです。

IMG_20200815_180414-001.jpg

当然こうなり、

IMG_20200816_042543-001.jpg

こうなり、

IMG_20200816_080433-001.jpg

こうなります。

トマトが赤くなると私が青くなるとは以前書きましたが、9月いっぱいまでは毎日のトマトソース作りです。日本ではほとんど生食するトマトですが、わが家ではほとんど加熱調理です。当然品種もそれ専用です。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 作付管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。