2019年03月16日

一穴多粒まきという方法

先日種まきしたナス科の野菜ですが、その際一つ試したことがあります。一穴多粒まきという方法で、文字通り一つの穴に4〜5粒固めてまくのだそうです。理由は、種は水を吸うと呼吸熱というの発し、温度が必要なナス科の野菜にはそれが発芽を促すということです。寒い時に身体を寄せ合って温め合うといった感じですかね。

IMG_20190316_092206-001.jpg

結果、これです。いつも一週間から10日かかるトマトの発芽が、5日で出てきました。4〜5粒では失敗した時もったいないので、3粒にしましたが。発芽が早いというのは重要なことで、そのエネルギーをなるべく小さくすることが、その後の生育に影響するそうです。

IMG_20190316_092219-001.jpg

一方、通常の一粒まきはこんな感じです。まだ発芽していないものが多いです。ヒヨコ電球はセルトレーの真ん中にあるので、どうしても端の温度は低くなります。しかし同じ端っこでもこの違い、品種の違いもありますが、これはやはり効果あるかも。

しかし、買うと高いトマトの種は通常こういうまき方はしません。キャベツやダイコンなどのアブラナ科はいくつかまいて間引きします。トマトも間引きしてしまうと不経済と思う中、この方法はすべての苗を鉢上げするのだそうです。根が多少切れても大丈夫だということです。

もしこれがうまくいけば、今後大きなセルトレーに一粒一粒まいて育てるといったことが必要なくなります。手間とスペースも楽になり、この上ないです。ネットで調べてもこの方法は載っていません。果たしてどうなるでしょうか。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 苗づくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。