2017年08月24日

カッコウの唄を思い出す毎日

ここのところ3つの地獄に見舞われています。

その1、収穫地獄。店の営業もあるので毎日すべての野菜を収穫できるわけではありません。毎日穫らなければならないのはキュウリとオクラくらい、あとは数日に一度となります。しかしトマトを中心としてこれが大変。もともと天候不順などに備えて多めに育てているトマトですが、今年の長雨でもすこぶる元気、となると収量が多くなって一仕事です。

その2、加工地獄。収穫の最中から頭の中にあるのはその後の加工。収穫作業よりもはるかに時間と手間がかかります。

KIMG2398-001.JPG

例えばこのパプリカ。洗って種を取って1cm角に切って湯通しして保存袋に入れて冷凍。

KIMG2399-001.JPG

オクラも茹でて保存袋に入れて冷凍。

KIMG2401-001.JPG

最大の作業である各種のトマト(今年は10種類)、洗って湯むきして切って加熱して瓶詰め保存。これは加熱後の倒置(蓋の内側を殺菌するため)作業です。こうしたことがほぼ毎日、そこで頭に浮かぶ曲がカッコウの唄です。「もう起きちゃいかがとカッコウが鳴く、加工、加工、加工、加工、加工」。

その3、収納地獄。トマト瓶は常温保存できますが、多くの野菜は湯通しして冷凍保存。その冷凍庫がいっぱいいっぱいになっています。少しでもスペースを空けるために、この日はご近所さんの愛犬のためにとってあったスペアリブの骨を出して届けたくらいです。バナピーや春まきニンジンなど、まだまだ加工して冷凍保存するべき野菜があるのですが、とてもその余裕がありません。

夏野菜の収穫のピークを迎えているこの頃、起きている間は息つく暇もありません。座っているのは食事をしている時、畑との往復でバイクに乗っている時、そしてこうしてブログを書くためにパソコンに向かっている時くらいです。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 喜びの収穫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。