2017年06月28日

育て方でここまで違うエダマメ

ここのところエダマメは直まきせず、セルトレーで苗を作ってから定植するようにしています。以前本で読んでその方が株の成長が抑えられて実がたくさんできることを知り、その後テレビで農家が同じようなことをやっていたので確信に至りました。

KIMG2223-001.JPG

それがこれ、確かに背は低く、小さいです。

KIMG2224-001.JPG

しかし既にこのように実を付けています。

KIMG2225-001.JPG

もう一つがこれ、今年は天候のせいかセルトレーでの育苗が芳しくなく、畝が余ってしまったので追加で種を買って直まきしたのがこの株です。品種が違うとは言え、いわゆるつるボケのような状況です。大きく育ってはいますが、果たしてこの先十分実を付けるやら。

育て方でここまで違うとは驚きでした。来年はまた慎重に、セルトレーでの育苗に集中したいと思います。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 生長の過程
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。