2017年06月11日

これ、なんですか?

KIMG2170-001.JPG

最近お店に来られるお客さんによく訊かれます。「あのレタスの間に立っている棒みたいなものは何ですか?」と。確かに棒ですよね。陸ワサビかと言われたこともあります。実はこれ、黒キャベツの枝と葉を取った跡なのです。

黒キャベツ、カーボロネロといいますが、近頃西欧野菜を積極的に作っている農家の間ではかなりメジャーなものです。キャベツといっても葉が巻かない品種で、イタリアでは冬の煮込み料理の定番となっているようです。ローマっ子はこれを見て冬を感じるのだとか。

このような姿になった原因は、鶏たちです。この少し前の時期には特に葉ものの餌が不足しており、こうして枝や葉をバッサリ刈り取ったのでした。もとより、こんなにたくさんの黒キャベツを作った理由が、春先における鶏たちの餌供給にあるのです。

「これ、なんですか?」といえば、懐かしいスネークマンショーのコントです。今ならいわゆるR指定になるかもしれませんが、当時は確か中学生の頃に聴いていたと思います。伊武雅刀さんが今のお笑いについて「深みがない」と話していたのを以前新聞で読んだことがありましたが、スネークマンショーのコントを聴くとなるほどなと思いますね。

posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 喜びの収穫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。