2016年11月23日

大雪の前に収穫と冬支度

この時期には珍しい大雪の予報が出ているので、この日は畑の冬支度で大忙しでした。まずは紅芯、緑、白のダイコンをすべて掘り上げ、土の中へ。今年は長野の地ダイコンを2種作りました。

KIMG1666.JPG

そしてニンニクにはトンネルがけ。今年の収穫は春腐病で散々だったので、今回は予防です。何でも強風によって葉に付いた傷から菌が入るそうで、その防御です。農薬は使いたくありませんから。写真手前はカブにベタがけです。

KIMG1668.JPG

そしてこれも今年あまり穫れなかった豆類、スナップエンドウにグリーンピース、ソラマメにベタがけです。春まきも何度か試しましたが、やはり秋まきで冬を越した方が断然収量が多い。3年前の大雪にも耐えました。

KIMG1667.JPG

これは以前からやっている黒キャベツへの防虫ネット。虫だけでなく、特に冬場にやってくるヒヨドリ対策です。冬でも葉が枯れないこの野菜は、餌が少ない中格好の標的となってしまいます。そしてなぜこんなにたくさん作っているのかというと、同じ鳥でもわが家の鶏たち用です。やはり春先にかけて葉ものが少ない時期ですから。

これで今年の畑はほとんど終わりです。少し前から、すでに来年の作付けを考え中です。どこの畝で何を作るか、品種はどうするか、野球でいうストーブリーグです。本当にストーブも焚いていますが。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 喜びの収穫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。