2016年11月12日

種を食べるカボチャ

よく乾物で緑色をしたカボチャの種が売られていますが、通常カボチャの種はあのように薄くはなく、とても食べられたものではありません(鶏たちは食べるというか丸飲みしますが)。あれはそうした専用品種の種なのです。その専用品種を今年初めて作ってみました。ストライプペポというカボチャです。

KIMG1383.JPG

8月にようやく葉が衰えて実が目立ち始めたのがこの様子。

KIMG1410.JPG

9月に収穫して店頭に並べたのがこの様子。ハロウィンまではこうしていました。よくハロウィンカボチャなどという表現がありますが、概して大きくはなるが食べられないものだと思います。このストライプペポも食べるのは種だけです。

KIMG1608.JPG

その種は実を割って取り出し、乾かします。それを煎ったり揚げたりして食べるのがこんな感じです。実はいかにも水っぽくておいしくなさそう、すべて残飯処理班行きです。この写真にあるカボチャは飛騨特産のすくなカボチャの揚げ浸し、この種はさすがに食べません(これもその綿のような部分とともに鶏行きです)。

ちなみに先日行ったJAの直売所では、このストライプペポがハロウィンカボチャとしてすべて100円で売られていました。まさか食べるのではと思いましたが、食べられないことはないということでしょう。種を食べてみて、来年も作るかというと微妙なところです。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 喜びの収穫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。