2016年02月08日

品種名がやたら長くなった

もう今年の作付けに向けて種の調達を始める時期になりました。有名な種苗会社のうち、家庭菜園のサカタ、プロ好みのタキイと、それぞれ特徴とターゲットがあるようです。今回はサカタのオンラインショップでまとめて買いました。お馴染みの品種が多いですが、今回はちょっと異変が。

KIMG0696.JPG

いち早く直まきするカブは「玉波」というものですが、今年は「あまうま中かぶ」という名前になっています。

KIMG0697.JPG

キュウリはいろいろ試して結局これに回帰した「味さんご」、今年は「漬け物バッチリ四葉キュウリ」となっています。

KIMG0698.JPG

そしてグリーンピースは冬越しでも育てていますが、春まきもします。今年の品種は「フルーツ実豌豆あま実ちゃん」というもの。

いずれもやたらに名前が長くなっています。落語の寿限無ではあるまいし、これからどんどん長くなっていくのでしょうかね。ちなみにこうした品種名は元の言葉と何の関係もないものが多く、例えば「モロッコいんげん」はカサブランカとは、「ガブリエル」というパプリカはピーター・ガブリエルとは無関係のようです。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 作付管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。