2015年12月19日

聖護院カブの新しい食べ方

漬け物が好きで、キュウリやハクサイはもちろん、日野菜や赤カブ、ザワークラウトにするキャベツなどを毎年好んで作っています。聖護院カブもその一つで、もっぱら千枚漬けならぬ百枚漬けとして食べていました。ところがです。

KIMG0510.JPG

この度料理上手のご近所の方から、このかぶら寿司をいただきました。そうか、この手があったと膝を叩きました(実際には叩いていませんが)。もともとなれ鮨とか飯鮨(いずし)といった乳酸発酵系の鮨は大好きで、以前はよく鮭やニシン、ホッケ、ハタハタなどのこうしたものをよく買い求めていました。

思考が凝り固まって聖護院カブは千枚漬け以外に考えもしませんでした。これは来年作りがいがあります。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 作付管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。