2015年07月01日

想定外のハクビシン被害

この辺りは鹿や猪はめったに出ないので、唯一と言っていい獣害はハクビシンによるトウモロコシです。毎年明日穫ろうかなと思っていたちょうど食べ頃の実を上手に選んで取っていくので、まさかこんなに早くにハクビシン被害に遭うとは思いませんでした。

まずその時期が早すぎます。昨年の記録を見ると一週間も前です。まただからですが、普段完熟した実を取っていくのにまだ色付いていない未熟な実を食べています。そしてそれに関連するかもしれませんが、いつもは一度にせいぜい1本か2本の被害なのに、今回は5本もやられました。いずれも想定外です。

R0014917.JPG

早朝のショックにすぐさま対応です。ちょうどこの日は買いものの予定があったので、急きょ防獣ネットの支柱、それも2100mmのものを買ってきました。防獣ネットは鶏の運動場とそれをさらに外側で囲うのにほとんど使ってしまい、残りの長さで精一杯の防護柵です。

R0014918.JPG

もともと幅が1mの防獣ネットですが、これくらいだとハクビシンは簡単に飛び越えてしまいます。なのでこれを縦に2枚張り、間を紐で縫い、下を大きな石などで固定しました。一応これで完璧を期したつもりです。

R0014929.JPG

それでも念のためということで、暗くなったら強力なハロゲンライトをトウモロコシに向かって照らそうと試みましたが、これが意外と光が広がり、せっかく止まり木で休んでいる鶏たちの睡眠を妨げてしまいます。なのでとりあえずこの晩はネットだけで様子を見たところ、翌朝の被害は確認されませんでした。

まさに動物との知恵比べ、次の一手も考えることにします。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 病気と害虫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。