2014年11月12日

珍しくネギが全滅

ネギは毎年苗を買ってきて植え付ければまず間違いなく育つという、手間いらずで簡単な野菜です。やることと言えば途中何度かの土寄せくらいです。

R0013905.JPG

ところが今年はどういう訳か、このように全滅してしまいました。野菜づくりを始めて7年目、初めてのことです。ニンニクの春腐病のように中が柔らかく腐ってきて、調べるとどうもアブラムシが媒介する病気のようです。確かに今年は黒いネギアブラムシがたくさん付いていました。

これまでまめに行っていた自然の忌避剤(焼酎と木酢液とトウガラシとニンニク)の散布を、ここのところとんと怠っていたツケが回ってきたようです。駆除にはならないが予防にはなるこの忌避剤、来年はちゃんとまくようにします。

幸い他の畝や下の畑にネギはあることから、食べるのには困りません。やはり気を抜いてはいけませんね。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 病気と害虫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。