2014年07月31日

今年のエダマメは大成功

同じ野菜でもその作り方は実にいろいろあるもので、基本的に一年に一度しか作れないわけですから、試行錯誤をするのに何年もかかるわけです。今回のエダマメは先にご案内したように、大きめのセルトレーで苗づくりをして定植しました。この方法は本で読んだほか、専業農家でもいったん苗づくりをしてわざと根にストレスを与えるような定植をするという方法をテレビで見たところによりました。

R0013450.JPG

その結果、大豊作でした。この方法によると株の背丈は抑えられ、実がたくさん付くそうです。本当にその通りになりました。肥料をやりすぎるといわゆるつるボケになり、背丈は大きくなるけれど実は付かないといった状況と正反対です。もちろん、今回も無肥料です。味も抜群です。

R0013459.JPG

これまで何度か穫れたての味を堪能してきましたが、この日はもうだいぶ株も疲れてきて最後ということで、このように大量収穫&撤去となりました。これを蒸してさやから外し、後のために冷凍保存します。そのさやから外す作業にこれだけの量だと1時間半くらいかかります。

今年はこれ以外に下の畑でダイズを作っていますので、そのエダマメももう少しすると収穫できそうです。例年になく、エダマメ三昧の食卓となっています。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 喜びの収穫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。