2014年07月24日

今回のアブラナ科育苗は万全

科によって付く虫の違いは明らかで、同じチョウでもアブラナ科にはモンシロチョウ、セリ科にはキアゲハといった具合です。アブラムシは何にでも付くと思われがちですが、アブラムシの種類によって野菜との組み合わせがあるのです。一口にアブラムシといっても緑、黄色、灰色、茶色といろいろいるのですよ。

アブラナ科の野菜はいつも種まきから苗づくりをしていますが、6月上旬にまいてもう定植した晩生のキャベツは油断していました。モンシロチョウはまだだろうと思っていたら、どうやらこれもアブラナ科大好きなコナガにやられたようで、苗が散々な虫食い状態になってしまいました。

R0013436.JPG

今回は6月下旬にまいたカリフラワーや中早生のキャベツなど、もう畑はモンシロチョウはじめ各害虫がはびこっていますから最初から用心です。こうして苗のうちから防虫ネットをかければ一応安心です。それでも毎日見回らないと、今回も一回はどこから入ってきたのか虫食いがありました。

前回と違って今のところ万全です。苗半作と言われるほどですから、くれぐれも苗づくりには気を遣わないといけません。毎回毎年、野菜づくりは学習の繰り返しです。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 苗づくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。