2019年11月30日

ヤマイモ波板栽培大成功

毎年ヤマイモの栽培はその収穫に大変苦労していました。何しろ下に下にと伸びるので、3年前の記録によるとまるで戦時中の塹壕掘りです。昨年はその程度が甚だしくて、最初の一本を掘り始めてすべて諦めてしまいました。

そこへ今年、本で読んだ新しいやり方。ポリカーボネートの波板を斜めに埋め、その上に種イモを植える方法です。もちろん植えるのは波板の上の方、そこに土をかぶせて栽培すると、イモは波板に沿って斜めに伸び、収穫は波板ごと掘り起こせばいいとのこと。

収穫当時は余裕がなくて写真はありませんが、これが大成功。本当に波板に沿って斜めに生長し、最後は波板が切れたところで多少下に伸びていましたが、小さなL字型に育ったヤマイモの収穫はあっという間でした。昨年のことがあったのでもうヤマイモは作るのやめようかと思っていましたが、これなら万々歳です。

イモ類はジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、ヤマイモと作っていますが、唯一生で食べられるのがヤマイモ。晩酌でいわゆるヤマセン(ヤマイモの千切り)を楽しんでいます。あと、ほかのイモは置いておいた方がうま味が増す中、唯一掘りたてがおいしいのがサトイモ。なので近頃はせっせと茹でて皮を剥いて冷凍保存するという日々が続いています。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 喜びの収穫

2019年11月24日

今年のニンジンはなぜかでかい

IMG_20191124_140931-001.jpg

野菜づくりも12年目、各野菜の品種もほぼ固まってきました。それでも毎年新しい品種に少しは挑戦していますけれどね。その中でニンジンは金美EXと決めています。しかし今年はかなり異常。こんなに大きく育ってしまいました。

もともと4寸ほどのコンパクトなニンジンで、よくあるニンジン臭さがなく、硬くもなく、おいしい品種です。今年の野菜づくりはこれまでになく散々な状態で、その流れでしょうか、こんな風になったことはありませんでした。

もともと無肥料なので肥料のやり過ぎということはないし、考えられるのはこの秋が暖かすぎたこと。でも大きくても相変わらず柔らかでおいしいです。毎年こうして土の中に埋め、春まで利用します。ダイコンも同じです。

この金美EX、夏まき専用品種なのですが、来年は春まきもやってみようと思っています。毎年ニンジンは春まき夏収穫、夏まき秋収穫と2回作っているのですが、春は違う品種を作っていました。

そこへ、今回調べてみたら金美EXの改良品種が出たとのこと。春まきができるようになったということです。当然来年はこれを春から作ります。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 喜びの収穫