2018年06月06日

ペレット種子はいいかも

野菜によって種の大きさはまちまちで、豆類やトウモロコシなどは大きいので指で直接まけますが、トマトやキャベツなどはピンセットでつまんでいます(もちろん老眼鏡は必須)。それより小さい種は筋まきをするのですが、大変なのはその後の間引き。その代表がニンジンです。雑にまくと間引きが大変、間引きを楽にしようとすると丁寧にまくのが大変なのです。

IMG_20180607_055042-001.jpg

そこで最近見直し始めたのがペレット種子。一粒一粒周りをコーティングしてあって、小さい種でも大きくなっていてまきやすいのです。間引きを考えて間が詰まり過ぎないようにまくことができ、種自体は高いですが間引きによるロスも少なくなるので同じではないかと考えています。今年は紫、黄、クリーム、白、オレンジの5色のニンジンを作っています。

IMG_20180603_193642-001.jpg

それでも間引きは必要で、こうして天ぷらにしたりして食べました。

IMG_20180604_182133-001.jpg

それでも一回では食べ切れず、今度はエビを混ぜての天ぷら。この方が食べやすくなります。

最近はレタスでもペレット種子を使っていて、セルトレーで苗作りをしても間引きの必要がなく、発芽率はほぼ100%です。以前シーダーテープというのも使ってみましたが、こちらは今ひとつでした。今後ペレットを使うことが増えそうです。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 生長の過程

2018年06月05日

とう立ちが多い今年のタマネギ

IMG_20180605_142811-001.jpg

移住してから一番厳しかった冬にもかかわらず、種から苗作りをしたタマネギが順調に育っています。ところが今年は例年になくとう立ちが多くなっています。一般にとう立ちの原因は大苗を植え付けることとされていますが、自家育苗だけあってそんなことはない、むしろ売られているものよりも小さかったくらいです。

IMG_20180605_142851-001.jpg

とう立ちすると実が硬くなって大きく育たないので、すぐに引き抜きです。先日こんなに抜いたのに、

IMG_20180605_154643-001.jpg

この日またこれだけありました。伊那のグリーンファームではこうしたものを「まだ食べられます」と安く売っており、すぐに引き抜けば十分使えます。

とう立ちの原因を改めて調べてみると、肥料切れ・水切れというのもあるようです。ピヨたちの鶏糞をたっぷり入れたつもりでいましたが、一般には1月〜3月に追肥をするということです。それでも今までそんなことせずに、ほとんどとう立ちしなかったのですけれどね。

いずれにしても、これまで何度か挑戦してうまくかなかった種からタマネギ、今年も初秋に種まきをします。今年もまた800株。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 喜びの収穫