2017年11月18日

親が立派すぎる今年のショウガ

2週間ほど前に収穫したショウガ、しばらく置いておくと茎や根が取れるようになってきます。ショウガの保存方法でよくあるのはその産地で、温度と湿度を一定に保った蔵や地下などで長期保存・熟成させるものです。乾燥と低温に弱いので、以前本に書いてあったように籾殻の中に入れて家の中で常温保存していたら、見事にカビて全部ダメにしてしまいました。

KIMG2525-001.JPG

さて今年、そうはしまいと家の中には入れなかったのですが、かといって倉庫の中だとここのところの低温でやられてしまいます。そこでこの日、茎と根を取り、洗い、いつものように冷凍保存することにしました。し、か、し、写真奥が今年できたショウガ、手前がその元となった親ショウガです。

普通親ショウガは子ショウガのために養分を取られ、スカスカになって使いものにならなくなるのが大抵です(中には使えるものもあります)。しかし今年の親ショウガは全然そんなことなく、十分食用として使えそうです。もともと立派な親ショウガでしたが、これで今年は元の3倍くらいに増えたことになります。

逆に言うと産地では一個の親ショウガからたくさんの子ショウガができるので、その意味では生産効率は悪かったことになります。この日この作業をしていて思い起こしたのが、有名な芸能人やスポーツ選手の子どもの肩身の狭さです。親が立派すぎると・・・ということです。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 喜びの収穫

2017年11月10日

今年のタマネギはカホコ

KIMG2507-001.JPG

今年のタマネギ作りは特別です。このようにすべて穴あきトンネルで囲うことにしました。3列はタマネギ、1列はニンニク、1列はホウレンソウ、コマツナ、のらぼう菜、そしてタマネギです。タイトルだけ知っていて番組は全然観ていませんが、まるで「過保護のカホコ」です。

理由はいろいろあります。まず昨年このトンネル栽培でニンニクがとても良く育ったこと。気温が高いはずの下の畑でも作りましたが、その差は歴然でした。昨年タマネギはその下の畑で作ったのですが、今ひとつ収量はありませんでした。そこで標高は高いがトンネルの方が良いのではと思いました。

そしてもう一つ、昨年タマネギの育苗を依頼していた苗屋さんが今年廃業してしまったことです。それを知ったのがまさに今年のタマネギの育苗を頼みに行った時だったので、その後急いで自分で種をまいて苗を作っていたのでした。しかしそこはプロと素人の違い、やはり苗が貧弱です。トンネルでもしないと枯れてしまうのは目に見えていました。

また、下の畑はほとんど無肥料で育てているのですが、目の前の畑はピヨたちがいるので鶏糞の肥料がたくさん使えます。特にニンニクは肥料食いなので昨年から、タマネギも肥料はないよりあった方がいいだろうということでこうなりました。鶏糞を下の畑に運ぶのは骨が折れますからね。

そしてこのトンネルをした翌日、ちょうど強い北西の風が吹き荒れました。トンネルがなかったらか弱い苗はひとたまりもなかったでしょう。というか、そういう天気予報があったから、この日急いでこの作業をしたのですけれどね。野菜づくりを始めて、かなり天気予報には敏感になりました。
posted by bourbon_ueda at 00:00| Comment(0) | 農業資材